渡部海苔店のこだわり

「近松の里」〜秘伝の味と海の恵みが調和して、心をこめて創る潮香のしらべ

美味しい海苔は、わたなべがつくります。

創業昭和三十六年。
日本の味と本物の味を求め続けて海苔一筋。
妥協は許されない製品づくりを理念として、
手造りで一枚一枚ていねいに焼き上げ味付しています。
原料は初冬の十一月の下旬から一月の上旬に採れる一番摘みの有明海のり、
その中でも特に厳選した極上海苔を使用しています。
原料は生のまま冷凍倉庫にマイナス二十五度の低温で氷温熟成保管しておき、
出荷直前に火入れ乾燥して味付けし、製品に致します。
この作業により、一年中新海苔の風味を提供することができるようになりました。
秘伝のタレは星鶴醸造の一年熟成本醸造醤油、
塩は赤穂の天然塩、
昆布は羅臼の天然昆布を使用するというこだわり。
近松の里は海苔が湿らないように手間をかけ、
一つ一つ小袋に手詰めして乾燥剤をいれております。
手造りのため大量生産ができず、一般市販は致しておりません。
御来店及び当店より直送にて購入可能です。
手造りの極上海苔を取り揃えて、みなさまの御来店をお待ちいたしております。

 

渡部海苔店


上部へ戻る